ピンキープラスの飲み方は?生理中に飲んでも大丈夫?

ピンキープラスの飲み方は?生理中に飲んでも大丈夫?

ピンキープラスの飲み方は?生理中に飲んでも大丈夫?

 

 

多くの女性にとって、バストに関しての悩みは尽きません。

 

 

特にバストが小さい人にとっては、貧乳に対するコンプレックスを抱えている場合が多いようです。

 

 

かと言って、豊胸手術をするのは高価なうえに抵抗があるし、エステに通っても効果があるかどうかわからないし、しかも高額になりますよね。

 

 

そこで今話題になっているのが、飲んでバストアップが出来るというサプリメントです。

 

 

バストアップサプリには、プエラリアを使用して作られたものもありますが、ピンキープラスはプエラリアを使用していませんので、副作用が出にくいのです。

 

 

ピンキープラスを飲むにあたっては、飲み方や、どうしても副作用が気になりますよね。

 

 

服用する際のタイミングや量について、効果的なのはどんなことでしょうか?

 

 

また生理中に飲んでも大丈夫なのでしょうか?

 

 

ホルモンにかかわるのがバストアップサプリだということから考えると、生理とピンキープラスというのは、切り離して考えることは出来ません。

 

 

女性の身体は生理後〜排卵前の約14日間は、女性ホルモンのエストロゲンが増えます。

 

 

反対に排卵期〜生理中には、同じ女性ホルモンではあっても、プロゲステロンの分泌の割合が増えるのです。

 

 

ピンキープラスはエストロゲンに働きかけるので、プロゲステロンが増える時期の排卵期〜生理中に飲むと、ホルモンバランスを乱してしまいます。

 

 

その結果、生理が遅れるなどの副作用が起こる可能性がないとは言えません。

 

 

このことから、排卵期から生理中にかけては飲まない、あるいは飲む個数を減らすなどの工夫をした方が良いと思います。

 

 

飲むタイミングとして、最も効果が得られるのは就寝前です。

 

 

空腹時も吸収率が良くなるので、いいタイミングだと言えるでしょう。

 

 

ピンキープラスの1日の摂取量は2粒なので、これ以上飲むのは控えましょう。

 

 

たくさん飲んでも効果は変わらないどころか、ホルモンバランスが乱れる原因にもなり、頭痛などの副作用が表れる原因にもなりますので注意が必要です。

 

 

 

ピンキープラスでバストアップ成功!
ピンキープラス(pinky plus)申し込みサイト